So-net無料ブログ作成
検索選択

アーモンドフィッシュのお話 [駄菓子]

ジンゴーベージンゴーベージンゴーオーザウェー。

・・・不思議だ、先月から毎日聴いてるような気がする。

本番は明日だっていうのに。

まぁそれはオイラがスーパーやコンビニ大好きっ子だから、季節がらコレがかかってる場所によく足を運ぶっていうのがこの現象の答えなんだケド。

しかしそこから一歩外に出てみると、別段変わりなくいつも通りの風景だ。

本番は明日だっていうのに。

もっと浮かれてもいいんだよ、街。

・・・俺なんか気にしなくてもいいからさ(泣)。

ののおぅ。


アーモンドフィッシュ1.JPG

子供を持つ親として、その子供に食べさせるおやつに対して頭を抱えることが少なからずあるハズだ。
例えば俺のように小さい頃から駄菓子至上主義で、むしろ駄菓子食って世の中の毒性から耐性をつけてきたサバイバーは別としても、自分の可愛いお子にはいくらお菓子駄菓子とは言えども少しでも栄養のあるものを食べてほしいと思うのは至極当然の話だろう。
しかしまぁなかなか見つかりませんわな。
分かります、分かりますよ奥さん。
でも今日はそんな奥さんに朗報を持ってきましたよ。
小さいお子さんが食べても平気、ついでにカルシウムも摂れてさらには魚嫌いも直っちゃうかもしれないという奇跡のようなお菓子をね。

「アーモンドフィッシュ」
株式会社でん六から発売されているこの商品は、そのタイトル通りアーモンドとフィッシュが恋をした、言わば渋めと地味のまるでいるのかいないのかよく分からないカップルみたいな感じのお菓子だ。
しかしながらその恋は燃え上がるほど本物で、食べた瞬間に恋愛の成熟っぷりをうかがい知ることができるだろう。
つまりはそのくらい美味しいということで、ホント埋もれがちだけど隠れた実力者みたいな商品だったりするんだ。
さらにそれを後押しするのがメーカーである株式会社でん六。。
あのでん六豆のでん六ですよ、間違いなんかなかろうて。
ココは常時渋いお菓子ばかりをリリースしているが、味は確かなので期待も膨らむってモンでしょう。
というワケでさっそく食べてみましょうかね。

アーモンドフィッシュ2.JPG中身。

中身は一面銀世界、時々肌色。
小魚の正体は片口鰯で、それを砂糖や醤油、ゴマみりんなどで味をつけてある。
食べてみると分かるがちょっと軽めのみりん干しのよう。
そこにアーモンドが加わると、また違った味わいになって面白い。
甘みが増すんだ。
アーモンド単体で食べても味気ない感じだけど、それが何故だか片口鰯と一緒に食べると不思議と鰯の風味がより甘く口のなかに広がっていく。
いいねコレ、美味しいワ。
また鰯と言えども超小魚なんで、普段魚を食べないようなお子さんでも見てくれのビジュアルさえ克服すれば、案外すんなり受け入れてもらえるかもしれない。
かく言う俺も子供の頃魚が苦手で、特にシシャモみたいな頭からムシムシいくようなヤツには嫌悪感しかなかったが、勇気を出して食べてみると意外といけんジャンこれ的な雰囲気っつーかイキフンっつーかフィーリングになった経験があることから、食わず嫌いを直す意味でももしかしたら役に立つかもしれないな。
そんでカルシウムも豊富に入っているみたいだから、本当に子供のおやつにピッタリだと思うよ。
昔給食にもこんな感じのヤツが出されていたしね。
でもひとつ注意してほしいのがこの商品、片口鰯が鋭利すぎてたま~に歯茎に刺さるというアクシデントが起こるというところだ。
そこんとこだけは十分気をつけていただきましょう。

なんとなく健康的でいて尚且つ美味しい、そういった感じのこの「アーモンドフィッシュ」、意外とお酒のおつまみコーナーに置いてあったりするからその辺りを探ってみたらよく見つかるかも。
子供のおやつにも大人のお酒のお供にもバッチリだから、気になったら常備しておくのも悪くないかもよ。
きっと気が利くなぁと思われるハズだから、ねぇ奥さんw




追記。
・・・かた焼きそば食うときも刺さるんだよなぁ、俺。

QLOOKアクセス解析
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

学歴

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
by 学歴 (2013-02-04 14:16) 

ののお

>学歴さん

コメントありがとうございます。
よかったらまた見に来てください。
by ののお (2013-02-10 01:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。