So-net無料ブログ作成

m&m'sチョコのお話 [駄菓子]

最近俺のなかで嫌な事が多発している。

なかでも一番堪えたことがあって、これがまた長引きそうなんだよな・・・。

ま、つってもヘコんでばかりもいられない。

今日も愛想笑いで頑張るゾ~w

ののお~。





m&m1.jpg

昔、小学生のときにM君という友達がいた。
その子の両親は海外で宝石商を営んでおり非常に金持ちだった。
なのでよく夏休みなんかにはハワイなどちょくちょく遊びに出かけていたモンだった。
そんな折、よく彼から言われたのが「お土産何がいい?」という言葉。
正直ハワイ土産なんて何があるのか分からなかった俺は、いつもテキトーに「お菓子でいいよ」みたいな曖昧な返事で返していたワケで。
そして毎回ハワイから帰ってきた彼が俺に差し出すお土産は、甘ったる~いキャンディやチョコレートばかりで、正味な話、外国人はいっつもこんなんばっか食ってんのか?となかば辟易していたんだ。
しかしある年のお土産はちょっとばかし違っていた。
彼から渡されたモノ・・・それが今回紹介するお菓子だったりするんだ。

「m&m'sチョコ」。
外国産チョコの金字塔といっても過言ではないこの商品は、マーズ社から発売されている粒タイプのチョコレート菓子だ。
似たような商品で日本にもマーブルチョコなどがあるが(おそらく)こちらが元祖で、カラフルな外観がいかにも外国のお菓子みたいな情緒を与えてくれる商品でもある。
1940年米国で誕生したこのチョコレート菓子は発売当初から人気を誇り、例えば米軍のレーションや果てはスペースシャトルの乗組員たちの宇宙食のひとつになるなど実に幅の広い活動を続けているマルチなお菓子だったりするワケだ。
そんな「m&m'sチョコ」が日本に入ってきたのは1981年で、この年のテスト販売を終えた後1987年に全国区での販売が開始された。
「お口でとろけて、手にとけない」のキャッチコピーの通り非常に熱に強く、暑い夏場でも溶けずに美味しくいただけたのは我々からすると画期的で、少々デリケートだった従来のチョコよりも携帯性があったために遠足などのおやつとして大変重宝したのではないだろうか。
う~ん外国産お菓子、なかなかあなどれねぇな・・・と今更ながらに思ってしまうワケですよ。

m&m2.jpg中身。

青や赤、オレンジに緑、と見た目派手なそのチョコは外国産のお菓子らしく味の想像がつきにくい。
しかしながらザラリとチョコを口に頬張ると程よい甘さがいっぱいに広がる。
パリパリとした表面がチョコにアクセントを加え、それが最後まで残るのが非常に特徴的だった。
またやっぱり一番思うところはそんなに甘くないという丁度いい感じがポイント高く、これによって甘みが苦手な人でも美味しく食べられるってモンだ。
外国産ってだけでバカみたいに甘いんだろうなぁ・・・と思っている人には是非食べていただきたい一品でもある。

そんな「m&m'sチョコ」、俺がハワイ土産でもらったヤツはポテチの徳用くらいのサイズにぎっしり詰まったタイプのものだったんだけれど、ちゃんと小袋のちっちゃいヤツもあるから安心だ。
ヘタに癖のない味だけに一袋があっという間かもしれないが、気に入ったのならばまとめ買いしておくといいかもしれないな。
コンビニとかで買えるんで、見つけたら買ってみ。
きっとその美味しさにビックリするハズだから。







追記。
つかチョコのなかでは一番コレが好きかも。
美味いよね、ホント。
QLOOKアクセス解析
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

蛇

毎回ブログを楽しく拝見させていただいてます(・ω・)ノ蛇です。
現在アメリカに住んでいます。
こっちではなんとピーナッツm&mが発売されています!俺は外側のパリパリとした殻とピーナッツの程よい歯ごたえが好きなので、ピーナッツm&mオススメです(*゚▽゚*)
by (2014-01-04 13:36) 

ののお

>蛇さん
はじめまして、ブログほったらかしでごめんなさいw
今ツイッターもやってますんで、よかったらののおで検索してみてください。

そらそうとm&mですがピーナッツですか。
よっと食べてみたいですねw


by ののお (2014-01-21 18:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。