So-net無料ブログ作成

カラムーチョのお話 [駄菓子]

ジェイミー・オリヴァーが大好きだ。

彼はイギリスの人気料理家であり、いくつものTV番組で活躍されているタレントシェフ的イケメンだ。

その豪快な料理と、なんにでもハーブ入れればOKな感覚がたまらない(あとレモンとチリも)。

あまりに好きすぎてDVDボックス全部買っちゃうほどハマってしまったんだが、

最近彼の話をすっかり聞かなくなってしまった。

元気でやっているのかしら、彼?

一時期はアフタヌーンティーとかとも提携してたり、こっちでも結構人気があったんだが・・・。

また来日しねぇかな?西成のジャージ着てw

ののお~。






2009111019590000.JPG

俺と湖池屋との付き合いは長い。
それはガキの頃からもう20年以上もその関係は続いていて、もう袋もののお菓子だったら絶対湖池屋しかない・・・と思うまでにココのメーカーに忠誠を誓っていたモンだった。
そんな湖池屋だが今年5月3日に創業者である小池和夫氏が肺炎で亡くなられている。
享年82歳だった小池氏がいなければ今の湖池屋のユニークなお菓子たちが誕生しなかったワケで、そう考えると俺のなかではこの小池氏が残した数々の業績というものは、もう計り知れないものがあったりするんですよ。
そんな湖池屋のお菓子たちのなかでも特にお気に入りだったのが、今日お話する「カラムーチョ」だったのよ。


ポテトが辛くてなぜおいしい!のチャッチコピーが眩しいこの「カラムーチョ」は、国産ジャガを使いカラッと揚げた香辛料がピリリと辛い、日本を代表する辛党お菓子の代名詞的存在だ。
発売は1984年で、その味ゆえにビールのお供など子供だけでなく大人も楽しめるといったマルチな才能を当時から如何なく発揮していった。
細かい棒状に揚げられた「カラムーチョ」は従来のポテトチップスと違い、適量をつまんで食べられるというスタイルが特徴のひとつだったワケだが(後にチップスタイプも発売)、なんと言ってもこのお菓子最大の特徴といったら食べた瞬間から感じるあの辛味だったワケで、暴君ハバネロとまではいかないにしろ、夏場なんかに一袋食ったら結構な量の汗が体からにじみ出た経験も少なくないだろう。
なんと言うか女子供はフラのポテチでも食ってろ、みたいな姿勢が男らしさを感じさせてむしろ清々しいまでの商品だったような気がしないでもないんだよ。

2009111020010000.JPG中身。


また商品展開も素晴らしく、この「カラムーチョ」にはファミリーが沢山いたりする。
すっぱムーチョにしそムーチョなんてのもあった。
最近ではコンビニ限定のフレーバーがいくつも発売されており、その勢いはとどまることをしらない。
湖池屋と言えばやっぱり「ポリンキー」の名前が頭に浮かぶ人が多いと思うが、その先輩である「カラムーチョ」が活躍したおかげで今の地位があるのをポリンキーは忘れてはならないだろう(ちなみにポリンキーは平成生まれ)。

そういえば湖池屋といえば様々なオリジナルキャラクターがいることでも有名だ。
勿論この「カラムーチョ」も例外ではなく、袋の右下に「ヒー」と言いながらカラムーチョを食べているおばあちゃんがソレだ。
名前はヒーおばあちゃんこと森田トミ。
1877年3月3日生まれの小粋な婆さんだ。
またヒーヒーおばあちゃんこと森田フミも存在していて実に興味深い。
こういった各商品に対してオリジナルキャラクターを配置するやり方は湖池屋のもっとも得意とするところであり、これによってあの印象的なテレビコマーシャルや商品アピールがより一層映える仕組みになっているワケだ。
前述のポリンキーしかりドンタコスやチビノワもこういった商品戦略により、お菓子そのものよりもキャラクターで何となく覚えてしまう的な要素が非常に多く、その結果ただのお菓子にも関わらず沢山の人の記憶に残ってしまったという、まさに大成功と言っても過言でない成果を上げているメーカーだったりするワケなのよ。


ともあれこの「カラムーチョ」、湖池屋の歴史のなかでも特に印象の強い商品だけにこれからももっともっと頑張ってもらわなければいけないだろう。
俺もまだまだアンタについて行くぜ。
辛味のなかに旨味がある、そんな「カラムーチョ」をどっかで見かけたら食べてみてほしい。
そんで一人「ヒー」って言いながら完食しましょう。
それがこの「カラムーチョ」のルールです(笑)。








追記。
コイケヤなのか湖池屋なのか。
個人的にはポップナウとかも好きだったなぁ・・・。






nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 9

Aya

ハバネロをガサーっと食う人間にはカラムーチョは普通に美味なお菓子でござるっ!w
by Aya (2009-11-11 01:24) 

ののお

マジで?
スゲー、俺にはムリw
つか一回粉末状のハバネロ食わされたことがあって、あん時は死ぬかと思いましたよ。
いっとき舌出して犬みたいにハァハァしてましたw

by ののお (2009-11-11 02:32) 

Aya

あ~、ガチのハバネロじゃなくて、東ハトの方ね(笑)

ちなみに、姫路には「唐々鍋のまるよし」って店があるんで、割と辛いものには困らないんだけど、カラムーチョで3番くらい(笑)
ハバネロで5か?って位で、一度15番を食ってみたけど、次の日にケツが辛いとか訳の分からない奇妙な感覚を味わいました(笑)

ちなみに「姫路にきたら取り合えず食わせるリスト」的なお店w
ttp://himeji.keizai.biz/headline/142/
by Aya (2009-11-11 02:50) 

ののお

31段階の辛さってなんじゃぁそりゃぁぁ!!w
イヤ俺ね、辛いの好きだけどカレーとかの辛さって苦手。
わさびとかそのまんま食えるのにカレーだけはいまだに食えない。
ココイチの3辛でギブだもんw

つか絶対近いうち姫路行ってやるからなw
そんときはカレー食おう、カレー。
・・・ま、時間とお金があれば、だけどねw

by ののお (2009-11-11 03:10) 

Aya

あ~、ウチと正反対かもw
苦手なのが山椒とワサビの辛さで、唐辛子と胡椒はOKってタイプですな。

まぁ、辛い、で「絶対に食えない」は塩辛い・・・ありゃ喉が渇く拷問システムがあるんでパスw

>>つか絶対近いうち姫路行ってやるからなw
着たらネタになる店ばかりに連れて行くってオチがありまっせw
by Aya (2009-11-11 22:24) 

ののお

俺が行くときは逆にスイーツ(笑)で攻めましょう・・・w

甘いのも結構苦手だけどw

by ののお (2009-11-11 23:27) 

Aya

>>俺が行くときは逆にスイーツ(笑)
4件ほど心当たりはあるけど、お奨めの1件が家の近くにあるねw
by Aya (2009-11-13 00:05) 

ののお

ダメだ。
この男には隙ってヤツがないw

by ののお (2009-11-13 00:40) 

特技一覧

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 特技一覧 (2013-07-29 02:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。